​漢方薬とは??

​ 西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学

西洋医学は器官・臓器などの物質面を重視し検査結果などから病名をつけ、その病気に対してピンポイントに治療をしていきます。精製されたほぼ純粋な西洋薬が用いられ、局所的に効果を表すものが組み合わされ投与されます。

東洋医学

東洋医学は体と心を一体として見て体全体の調和を図り、原因が特定しないような”未病”も治療できるとされています。生薬をベースに混合して使い、1剤に複数の成分を含むため複数の症状に効果が期待できます。

東洋医学の基本 五行説

​肝

木・怒・涙・目
風・酸・胆

​心

​火・喜・汗・舌​
​熱・苦・小腸

​腎

水・恐・唾・耳
​燥・鹹・膀胱

​肺

金・悲・涕​​・鼻
​寒・辛・大腸

​脾

​土・思・涎・口
​湿・甘・胃

​もともと五行説は自然界の森羅万象を”木・火・土・金・水”の自然界の代表的な5つに分類した哲学で、これを人の体に応用して5つの五臓に分類したものが漢方の五行説になります。漢方ではこの五臓”肝・心・脾・肺・胃”を体を支える5つの柱として重要視し、それに付随する性質などを含めその人その人の性質を見極めたり、体の不調の原因をさぐっていきます。