独活寄生丸 (どっかつきせいがん) 3g×60包

March 29, 2017

若い頃は、運動をして四肢や腰を酷使しても、翌日には疲れが取れたものですが、ある程度の年齢になると脚腰の痛みやしびれが、なかなか取れないものです。漢方では、関節・筋肉・骨などの運動器のトラブル「痺証(ひしょう)」と呼びます。原因は気血のめぐりが悪くなって、そこへ栄養やエネルギーを充分送れないために起きると考えます。さらに老化や、過労が加われば、若い方でも治りにくくなってきます。独活寄生丸エキス細粒G「コタロー」は、慢性で頑固な四肢、腰などの痛みに用いられるお薬です。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload